1.Tier1生産現場で費用対効果が実証された、生産管理スタイル

  • 不稼働時間削減=稼働率UP

    feat_01

  • 不良数(仕損費)削減

    feat_02

  • 紙帳票&入力作業削減

    feat_03

生産効率を向上するためには、正確で信頼できる詳細なデータを収集する事が必須です。
「サガネ係長のIoT」は、設備から自動でデータを収集し、整理し、可視化してくれます。
データを活かせば、高効率なカイゼンサイクルが実現し、高い費用対効果を生み出せます。
データ集約は「IoT」、活かすのは「人」、これが新しい生産管理スタイルです。

2.FA(OT)からITまで、ワンストップでシステムとサービスをご提供

  • iotlogo
  • provided
  • nissinlogo
  • Tier1自動車部品事業の強み
    生産管理

    feat_06

  • 工作機械事業の強み
    FA(OT)技術

    feat_07

  • 新たな人材の獲得と強化
    IT技術

    feat_08

日進製作所は1946年の創業以来一貫して製造業に身を置き、自動車部品事業と工作機械事業を中心事業として成長を続けてまいりました。

既存事業のノウハウと、近年強化に努めてきたIT技術を融合させることで、日進製作所にしかできないインダストリアルIoTを、ワンストップサービスでご提供します。

3.古い設備、特殊な設備、あらゆるセンサをつなぎます

feat_09

さまざまなメーカーのさまざまな設備やセンサからデータを取得することができます。
生産設備やセンサーの持つデータを、工場に設置する頭脳(エッジサーバ)に集約して分析することで、これまでにない生産管理スタイルを実現することができます。

サガネ係長のIoTは、古い設備や特殊な設備からデータを取得することにかけて世界一であるLitmus Automation社のソフトウエア”Litmus Edge”を活用します。